カードローンの返済方法・リボルビング払いとは?

カードローンの返済方法・リボルビング払いとは?

カードローン審査に通った後にリボルビング払いとは、毎月の利用総額に対して、支払額を分割して決定するシステムのことです。限度額範囲内で何度も利用できることが特徴となっているカードローンでは、主流となっている最も一般的な返済方式となっています。しかし、「リボルビング」には種類があります。その種類は大きく分けて4つあります。

1、定額リボルビング方式

毎月、カード締日時点での利用総額に金利を合わせた額に対し、一定金額を支払っていく返済方法です。月々の支払額が一定なので無理なく返済することができますが、返済額の中に利息が含まれるため、月々の元金返済額がわかりにくいというデメリットもあります。

2、元金定額リボルビング払い

元金の返済額が毎月一定で、それにカード締日時点の利用総額から計算した利息を加えていく返済方法です。元金の減りは明確に知ることができますが、利息分がプラスになるため支払額は毎月変動します。借り始めは利息も多く返済の負担も大きいですが、返済を続けることにより利息も減ってきます。

3、残高スライド元利定額リボルビング方式

この返済方法にはさらに細かく返済方法が分かれています。残高スライド式は自分で支払える金額を設定することができるので月々の返済額は減っていくようにみえますが、返済期間が延びて利息の総額が増えていくというデメリットがあります。

4、その他

「ある時払い」「ミニマムペイメント」と呼ばれる返済方法も、リボルビング払いの一種です。名前の通り、臨時返済を前提としているもので、毎月の返済額が小額であるという特徴があります。