プロミスの審査、電話番号の記載を間違えてしまった場合の対処法

プロミスの審査で、電話番号の記載を間違えてしまった場合ですが、そのままにしておいてはいけません。番号くらいたいした問題ではないだろう、与信に何の関係もないだろうというのは大きな思い違いです。というのも、審査のため勤務先への連絡は必須ということになっているからです。申し込み時に記載された勤務先に本当に勤務しているかどうかの確認のためで、これはプロミス審査に限った話ではなく、どんな消費者金融、銀行であっても、カードローンを申し込むときには共通した話です。それほど、安定した収入があるかどうかというのは与信にあたって重要な情報だということです。
ということで、これは必ず行われますから、本来の勤務先につながらない番号が間違えて記載されている場合、連絡がいつまでもつながらないということになり、通るということが決してなくなります。結果的に、キャッシングすることができなくなってしまいます。さらには、一度審査に落ちてしまえば、今度はそれそのものがマイナスとなり、たとえ次回間違えずに記載したとしても、通る可能性をそれだけ低くすることにもつながってしまいます。
ですから、間違えて記載したことに気づいた場合は、落とされてしまうよりも前に、向こうがまだ手続きをしている間にこちらからすぐにプロミスに連絡しましょう。訂正することはもちろんできますから、訂正しておけば勤務先にきちんと在籍確認のための電話がかかってくることになり、問題はありません。